sunflowerblog

sunflowerのHOMOROが適当に何か書きます。
<< Day in the life 森中一誠 【動画アリ】 | main | スポンサーサイト >>
祇園祭の房(ふさ)
 



最近こちらは更新しなくってすみません。
僕みたいなモン、オモロい人間でもないんで
来たるべき地デジ化のアンテナ工事を...と思い、電気屋さんに
工事代値切ったらやり方だけ一方的に言われて
帰られたりしてる程度です。

さてと....もうこのブログも4年ぐらいやっててこの時期に
なると必ず書いてる話題があります。

毎年、毎年書いてるとぶっちゃけ書く事ないん
やけども、毎年、毎年、奇特な兄弟が期待してるんで
奇特な兄弟にだけに何か書こうと思います。
スケボーの話題等をご期待して頂いてる方は気持ちよくスルー
して下さいませ。


もうしつこいだろうけども、僕は京都の梅雨明けを
告げる日本三大祭の祇園祭の囃子(はやし)方として小さい頃から
参加している。

京都の方しかご存知ない地名でしょうが
父親が三条富小路、母親が河原町二条の人間、殆どの親戚が
その界隈の祇園祭の鉾(ほこ)が建つ中京区の人間なので
何の疑問も無く祇園祭は生活の一部に溶け込んで
生きて来た。

何年も書いてるのでハード読者の方はご存知でしょうが
地元の京都にいながら、地場産業には縁もゆかりもない
仕事を休むイコール収入が無くなる状況なんで今年も
祇園祭には参加出来ず終い...。
【祇園祭文化保護費】みたいな寄付金だけ振込でさせられる
だけ...。
僕が安定した収入があって、余裕でお祭り開催時期の約1ヶ月
休める様な人間ならつゆ知らず、そんな事は当たり前に無理。

なんで、テレビなんかで祇園祭の告知なんかを見ると
自分の不甲斐なさに直面するので、あんまり見ない様に
してる。でもやっぱり、梅雨のジメジメした湿度の高い粘度の
ある京都独特の空気を感じるとソワソワする。
で、何の疑問も感じず祇園祭が京都人として生活の一部に
なってた頃を思い出してセンチになってみたりする。

僕が中学生の頃は学校の前を鉾が通るので通学出来ないという理由で
学校はお休みが余裕で当たり前だった。

ただ、学校が休みでも何万人もいる観光客の波で
何処にも遊びに行けないし、そこらの商店は全部休みだったので
特に女子は祇園祭のクライマックス、数十メートルある
巨大な鉾が京都の街を人力だけで練り歩く7月17日の山鉾巡行の日は
休みにも関わらず朝早く学校に行って
学校の中から鉾を見てキャッキャッ言うのがトレンドだった。

ちなみに我が母校の男子の間では絶対通行禁止の動く鉾の前を
ポリや機動隊に捕まらず横切る勇気試しがトレンドだったけども
それをメイクした男子は一人もいなかった。

話がズレたけども、
何故女子がわざわざいつもの学校の始業よりも早く学校に
出向き、ドデカイ鉾に向かってキャぁキャぁと騒いで手を振るか...?
もちろん学校内は観光客は入れないし、教室の窓を開けて
見る方がストレスなく見れるのもあるけども
ソコには伝統や文化、生活よりももっと違う意味合いがあった。


7月の15日、16日の京都の街の中心部、東京で言えば原宿や渋谷の様な
街には数十メーターはあろうか鉾が立ち並び、17日の巡行に
備える。動きはしないけども雄大な鉾を見ようと数万人の観光客様に
訪れて頂き、それを盛り上げるが如く様々な夜店が数百は立ち並ぶ。

街全体が酒に酔いしれ、夜店を楽しみ、鉾の上から流れる
囃子(はやし)を嗜み、ヤンキーは喧嘩してポリに引っ張ぱられ
昔ながらの町家にお住まいの方々はお家で代々自慢の屏風を
軒先に出して自慢する...。

そして京都独特の粘度のある空気に絡まってそことなく
【蚊取り線香】の香りがインセンスとして焚かれる。

囃子方はそんな京の祭風情を数万人のお客様に嗜しんで
頂ける様に絶え間なく囃子を奏でる。

関西テレビの関順子アナウンサーが6時のニュースの取材に来るとなると選抜メンバー
しか鉾の上に上がる事を許されず、9時のバラエティー班の芸人が取材に
来るとなると腕のあるルックス重視の若手で構成され
僕みたいな人間はどのタイミングに選ばれる事など一切なく
まぁ...さしつかいの無い【流しておく】みたいな時にしか囃子は出来ない...。

鉾の上に乗ってる囃子方は
鉾正面から向かって中央は太鼓、右側は笛、左側は「コンコンチキチン」と
言われる鐘方が鎮座してる。

太鼓を除いて左右両サイドを固める囃子方は【房(フサ)】と呼ばれる
ヒモ状の装飾品を鉾上部から鉾下部へ垂れ下げるのがしきたりとなってる。

この房、奇麗に染め上げられ、紐中部には立派な翡翠(ヒスイ)の石が
施され重みで奇麗な直線に下へ降りる様に工夫が施されている。

笛方はその房を浴衣の帯に通すのがしきたりとなってるのだけども
鐘方は叩く利き手にソレを巻き付けるのがしきたりとなっている。
手を上下にして鐘を叩くので房は揺れ
波斯(ペルシャ)絨毯に彩られた鉾の外側に房の動きが加わり
より絨毯の表情が豊かになる。

この揺れる房を鉾下部におられる方が触るには警備員の阻止を突破して
して木の柵の間からしか触れない。

ただ、鉾内部にいる鐘方の人間は自分の手に巻き付けられているので
ほんの些細な手に伝わる振動で気づく。
観光客が興味本位で触った場合は下の警備員さんに
「(演奏出来ないので)困ります....」
的な目線を送って演奏が止まらない様にお願いする。
だから同級生なんかで男子の場合は少し振り返って眉毛と口角を
少し上げる程度。
申し訳ないけど....意中でない女子の場合も同様。

でも、意中の同級生や恋人が同じ行為を行った場合は
下へ視線をやり、悲しい男の性なのか
満面の笑みでお礼のジェスチャーや手を振ったりする。
ただ、この行為は一瞬でも演奏の一部が止まるので
大人からそれはそれはキッツイお叱りを受ける羽目になる。
お叱りの「おいっ!!」て怒り声は間違いなく下にも
聞こえるはずなんで、そこまでリスクを負ってまで手を振って
くれた恋人や意中の同級生は恋の進展や愛を感じる事が出来る....て寸法。

で、「この恋....行ける」と判断した女子は17日の巡行の日は
朝早くに学校に出向き、実りそう(実った)恋愛を確かめる為に
動く鉾に向かって仕上げとばかりに彼氏(これから彼氏)に手を振る....。

と、書いたもののコレは同年代のイケ面の囃子方の話で
真っ直ぐ童貞でエロ本の白黒ページの体験談コーナーが
愛読書でニキビだらけの汚ったない顔面の中学生の時の僕と言えば....

中学1年の時は学校1の悪ガキでチャリで駄菓子屋を
破壊した伝説を持つ同級生で新聞屋の息子のM久君に
両手でフルスイングで房を引っ張られて
鉾から落ちかけて大人に何故か僕が死ぬ程怒られた。

中学2年の時は手に房を巻きつける回数が少なくて
房を下に落としてしまい
「(ヒスイのお飾り割ったら)国の恥どころですまんぞ....」
と声を荒げるどころか本切れの静かな声で
大人にスーパーシリアスに怒られて....。

で、中学生活最後、学校の窓から同級生に手を振って
貰える最後の運命をかけた年。

15歳の僕。エロ本の白黒ページから
拾ったエロヴィデオまでエロ方面は成長したものの
当たり前に爽やかに童貞。

そんな20年前の7月16日の夕方.....。
既に使えんヤツだった僕はTVの取材もラジオの音撮りもない
【流しておく】タイムに鐘を叩いていた。

数万人の観光客様が鉾の上から見てると超巨大な
スーパーボールすくいのプールみたいに見える....。
取材も何もない【流しておく】タイムなので取材受け
する難しい曲でもなくただただ単調な曲。
大人連中も下にいる馴染みの舞妓さんに扇子を振ってる....
「子供が同じ事したらすぐ怒るくせに....」と心で
叫びながら金玉に流れてく汗を不快に感じながら
囃子の爆音と蒸風呂みたいな鉾の中で
ボ〜っと単調な曲の鐘を叩いていた。

ピクッとっ右手に振動を感じた。
どうせ、また酔っ払ってテンション上った観光客のイタズラか
オカンが記念写真撮りたいからやろ...
と思って反抗期ど真ん中だった僕は振り返りすらしなかった。

優しくピクッピクッと明らかに2回手に振動が来た。
「今日のオカンしつこいなぁ...」と思いつつ振り返って下を見る。

僕より1個上で高校生になったごっつ可愛い
中学ん時の先輩が浴衣を着て僕に向かって手を振ってくれてた。

からかわれてるかも....とか疑いもなく死ぬ程嬉しくて
逆に演奏を止めて大人に怒られるのが勲章な
位までモテてなかったので上半身全てを使って振り返った。

あまりにも勢いよく振り返った反動で
左手で持ってる僕の鐘を隣の鐘に当ててしまった。

まぁ、字にしたらそんな大層な事には思わないかも
知れないけども、激しく叩いて一見丈夫そうな鐘は
鐘同士をぶつけると面白い様に直ぐに割れてしまう。
よしんば割れなくても、微妙に音がくすんでしまう。

明治や大正時代から使われてる大切な鐘で
長年大切に使って来たからこそ出る深みのある鐘の高音が
失われるので、鉾内部ではダントツ1番で死んでも
やってはいけない行為。
ほんの少し、ニアミスでコツンと当るだけでも囃子方全員が一瞬凍る
やってはいけない行為で
今迄出来るミスは全てして来た僕ですら流石にそれはした事
無い程の渾身のミス。

さっきまで一升瓶片手に下の舞妓さんにデレデレだった
大人が物凄い勢いで振り返る。
名前も呼ばれず、アゴで僕を指し「お前(鉾から)降りろ」と言われた。

しぶしぶ囃子方の控え室に戻る。
で、数人の超古株のジジィの前に座る。

今はもうないらしいけどもこの控え室は
鉾から約10m程離れた場所にあって蔵を改装したみたいな内装。

カビ臭く土壁なのか防音も効いていて囃子もうっすら聞こえる
程度の薄暗いジメジメした場所。
その部屋の真ん中にチャブ台があって超古株のジジィは
ご高齢で足腰が効かないので鉾には乗れず
この控え室のチャブ台を囲んででひたすら
ドン引きする程飲酒するのが大体の役目。

まっかっかの鼻、視点も定まってなく
素面でも何喋ってるか分からないのに
飲酒のせいで更に何喋ってるか分からない状態。

反抗期バリバリな上に怒られた直後でスネ夫だったんで
超古株のジジィとも視線すら合わせずに
天井の節目を見てたら一升瓶に寄りかかってた
ジジィが「ボン(ボウズの京都弁)(鐘)当てたんか?」と聞く。

15歳のフレッシュな鼓膜でも囃子はうっすら聞こえる程
離れた薄暗い部屋にいるヨタヨタのジジィに言われたんで
「はぁ〜?」と反抗的に返す僕に

「(鐘と鐘が当たる音が)聞こえたしな...ボンかおもて...」と言うジジィ。

酒でベロっベロっのジジィの恐ろしい地獄耳にビビって
アゴだけ前に出す僕に
プルっプルっに震えた手を僕に向けてプルっプルっに
震えながら小指を立てて「コレか?」と問う超古株。

ついさっき起きたミラクルを思い出しておもっくそ赤面する僕に
超古株ジジィは「明治(時代)に買いに行けへんし気〜つけや」
そう言って微笑んでくれた。

頭を掻きながら照れる僕にジジィは
「はよ下降りてコレ(小指)んとこ行ってきよし」と後押し
してくれた。

慌てて降りたら可愛い先輩はもういなかった。
ベルも携帯もない時代だったのでどうしようも無くただただ
ドえげつない人の流れの中で宙に浮く様な気持ちでほわ〜んと立ってた。
で、下腹部の一部分も元気に立ってた。

翌日、17日の日、先輩は中学を卒業して高校生になってたので
同級生から手を振られる夢は叶わなかったけども
その後、その先輩とは少しの間
今の僕からは想像出来ない様な
ドン引きする様なマジで交換日記イってまう様な
手も触れない清いお付き合いをさせて頂いた。
ちなみに書かなくてもいいけど下腹部の一部は常時立っていた。

どうしても話が下ネタにいってまうけども

中学生最後の鉾の上の僕に手を振ってくれたのは
絶対通行禁止の動く鉾の前で
数人の機動隊に取り押さえられて脇の間から
顔と手だけを出して元気に「アラちゃ〜ん!!」と手を振る
学校1の悪ガキでチャリで駄菓子屋を
破壊した伝説を持つ同級生で新聞屋の息子のM久君だった。

女子じゃぁなかったけども泣きそうな位嬉しかった記憶がある。
大人に怒られても構わない。
思いっきり手を振り返した記憶がある。
まぁ、当たり前に大人に怒られたけど....。

辛くなるので極力見ない様にしてるけどもTVで、この揺れる房を
写すシーンはあまり出てないと思う。
大体、明るく光る提灯(ちょうちん)越しの鉾の映像かと
思うけども、ふいに揺れる房がTVで写ると浴衣を着た
年上の女性と超ウブな自分を思い出して吐きそうな
位甘酸っぱい気持ち一杯になる。

今年は三連休と重なって例年よりも盛大になると予想される
京都の街最大のお祭り祇園祭。
きっと、夜店なんかに出向く方も多くおられる事かと思う。

是非とも鉾の向かって左側、鐘方の面から鉾を見上げて欲しい。
どの鉾でも房が上下に元気に揺れてかと思う。

他の鉾は知らないけども少なくとも僕がいた【月鉾】の
揺れる房にはイケ面囃子方達やきっしょい僕ごときの
甘い酸っぱい恋模様の思いも籠ってると思うから.....。



追伸
一番の上の写真はネットで適当に見つけた2010年の祇園祭の写真。
写真の一番左に座ってるのは僕の実の弟
僕の馬鹿な部分だけ似てしまったので
よ〜く見たら何故か弟だけ房を付けてない....。
多分....なんかやらかして大人に「お前(房)ナシで」
とかキッツイ、冷たい事言われとるんでしょう....。



| sunflowerblog | ETC | 20:45 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:45 | - | - |
今回は映画化決定!気持ちよく20年前に戻りました。ありがとう。
| atsundo | 2011/07/15 2:13 PM |

今年はおセンチな内容で胸キュンでした。これで無事に京都の夏を過ごせそうです。
| claude | 2011/07/15 3:55 PM |


奇特な兄弟(兄atsundo)>

で、その女性が妻です...みたいなパンチあるオチあったら
ベン・E・キングの曲がエンディングにバシっと入れるん
やけどなぁ〜....。

実際そんなん無いわな...。
| homoro | 2011/07/16 1:37 PM |


奇特な兄弟 (弟 claude)>

君も兄貴もほぼ同じ内容のメール送って
くれたんが面白かった。
やっぱり兄弟なんやね。

| homoro | 2011/07/16 1:39 PM |










  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ