sunflowerblog

sunflowerのHOMOROが適当に何か書きます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
頑張ったニッポン!!
 僕自身、運動音痴でスポーツ嫌いで
先だって行われたサッカーのワールドカップですら
いつ始まって、いつ終わったのかサッパリ...
何でタコが蛸壺入るので
どいつもこいつも騒いでるのか
一切意味分からない様な人間。
顔面に国旗のペイントして「頑張れ!!」言う前に
お前頑張れや...て思ってしまう人間。
ただ、応援団の露出キッツイ、パツキンの
チャンネーはTVでガン見してた。
だから、パツキンのチャンネーの露出ワールドカップでも
僕は十分にいい。て、レベル。



 
今日の朝方、電話がなった。
表示画面には昨日皆さんにこんな僕が
文頭の僕の考えと全く反対なのに
都合よくニューヨークでマニュアル(ウィリー)
世界1を決定する大会"マニマニア"に出場するから
応援お願いします!!って書いてた
イッセイから。
 
「あ...あ...ホモロウさんッスか?」
 
「お前、どやってん!?」との僕の問いに
 
「あ...あ...良く分からんス。1位のヤツ
ヤバふぃすッス」とイッセイ。
 
つまりイッセイが予選を通ってないのは分かった。
 
パスポートを持ってない状態だったので
5〜10年は海外に行ってないイッセイ。
今年二十歳なので前に作ったパスポートは自分
の意思では作ってなかったと思う。
 
運よく、日本で開催された大会で優勝させて貰って
ニューヨーク行きの切符を手に入れさせて頂いた
イッセイは証明写真3枚で海外に
行けると思っていたレベルだったので
英語なんて荒井注のギャクレベル、下手したら
A〜Zまでちゃんと書けない英語レベルなので
自分の結果すらヒヤリング出来ずに大会は終わったみたい。
 
結果こそ全ての大会の世界でイッセイの結果は
良くは無かった。
それこそ何でタコが出てくるかは分からないけども
サッカーと一緒で負けたらそれまで。
 
昨日、僕のブログをお読みになられた方の中には
結果を知って「結局そんなもんか...」とお思いになられた方も
多いと思う。
スケボー仲間、そして彼をサポートする立場の僕は
先ずお詫びします。
 
ただ僕自身の感想で申し分けないけども
有難い事に通訳さんは付いて
下さったと言っても、知らない国の選手と選手専用の
合部屋で宿泊させられ、慣れない環境の食事をし
右の左も一切分からない土地。
に重ねて、日本語すらままならないヤツが
外国語の中で普通のマニュアルでも
メンタル劇弱の僕なら15cmも進めないと思う。
 
運良く、イッセイのアパレルスポンサー
LRGの代理店の方がニューヨークにおられたので
会場で試合を観戦し
試合終了後、すぐに僕にメールをくれた。
 
代理店の方は正直に言うとお仕事で
LRGを扱っておられるのでスケボーに対しての
知識が僕らの様に長けてる訳ではない。

だから、スイッチもフリップも深い所まで分かって
おられる訳ではないけども
純粋に試合を観戦して、背格好も1周りも2周りも
大きい外国人に紛れて、一切物怖じしない
イッセイに純粋に感動しました。
とメールを〆て下さり、写真も添付してくださった。



 
素人の方が撮った写真なので
スケボーに長けてる方には物足りないかも知れない
けども、僕は1人で戦ってるイッセイの姿を見て
イッセイに愛着があるのもあるけども泣きかけた。

なんしか他の人は残念がるかも知れないけども
僕からはよ〜やったイッセイ!!
 
帰国したら食いさしの刺身と甘〜い
酒振舞ったる!!
 
で、当の本人イッセイは電話の最後に
明日のプロ戦で出場する選手の名前をずっと
連呼して「スティービー(ウィリアムス)って
ホモロウさんが言う通り相当イカついッスね
ヤバふぃすッス」
て言ってました...全然、いやムカつく位落ち込んでは
ないので、ヤツ的にはやっとスタートラインを踏む
経験が出来た程度やと思います。
 
帰国後、地元京都でイッセイを見かけたら
叱咤馬齢してやって下さい。
もしくは"ディスコ""チョコレート""マカロニ"
などと声をかけてやって下さい。
アイツは萌えてもっともっと伸びると思うんで...。
| sunflowerblog | SUNFLOWER History | 15:02 | comments(6) | - |
頑張れニッポン。


 


書きたい事は一杯ある。
なんで、長文はまた改めて書きます。
 
彼が中学生の頃からいっつも一緒に
スケボーして来た。
男臭いトリップにも連れて行った。
 
人見知りが酷くて、鬼のマイペースで
協調性が無くて....大人を信用しないオーラ
がビンビンに出てる子で....。

成人してからは神(Perfume)の信者に
なってしまい...。
スケートでケガしたら
どうやってするのか分からないけども
「サバゲーして来ます」と言い残して
一人で夜の山に行ったり...。

そんなんだから全く活動してないヘッポコTEAM
僕の店のライダーに進んでなってくれて...
 
しつこく書くけども、僕みたいなペラい人間
では全くケアはして上げれてない。
食いさしのタコの刺身とか、観終わった
大人のホットなDVDとかケンコバが
言うとこの神のホールとかしかケア
して上げれてない。
 
だから僕みたいな人間に関わるな!!
と周りからはきっと言われてると思う。
 
地方出身で、僕のディレクション能力の無さから
殆ど注目されてないかと思うけども
 
森中一誠が日本時刻の明日日曜。
ニューヨークのコールマンスケートパーク
で行われるマニュアルコンテスト
マニーマニア”に出場します。
 
都合の良いお願いではありますが
少なならずしもココをご覧の方は
日本代表としてニューヨークへ行った
森中一誠にパワーを送ってやって下さい。
 
 
ちなみにイッセイには餞別で
マニュアルの大会なんで
バランス感覚が飛躍的に向上すると
噂のパワーバランス
ちゅうシャバいアイテムをあげました。
 
ちなみにイッセイとは毎日メールでやりとり
してますが...。
あのアホ...ひたすら街で見かけたプロスケーター
の名前だけを僕に送って来てます...。
 
負けそうになったら、対戦相手の耳元で
「アイアム ニンジャ」と囁け。と指導して
あるんで多分勝てます。
 
結局ふざけた文章になりましたがどうぞ
皆様、応援宜しくお願い致します。



(さっきニューヨークにいるイッセイから送られて来た会場の写真です)



| sunflowerblog | SUNFLOWER History | 17:54 | comments(2) | - |
拝啓


 森中一誠 君...。


貴方を青臭い。それこそ童貞の頃からみてますが....。
ついに良いところまで来ましたね...。

トランスに見開きで載ったり
エスのスケートゲームの近畿地区
大会で優勝したり...。

お店でもSUNFLOWERでも大したケアもしてあげれないのに
いつも冷静な、いや冷ややかな目でふざけた私に
付き合って下さって有難う、いや、ごめんなさい。

貴方のチームメイトの平田ちゃんCHOGERU
プロスケーターに昇格した時も転げ回って
自分のことの様に喜びましたが
同時に「目立ってまうやん」という
恐怖心に苛まれた若かったあの頃を思い出します...。

誰一人気づく事無いであろう線で
金八先生第二シリーズのキミズカ校長風に
書いてみて既にふざけてみましたが

明日(正確には今日)、前述した様に
先だって行われた
エススケートゲーム近畿地区予選で優勝した
うちのイッセイが東京で行われる決勝戦に出場します。


正味、上手い方々は多数おられるかと
思いますし、そないスルスルと優勝しよったら
なんかオモロない気持ちもあるのですが
せめて同郷の方はヤツに
多少のリキを送ってやって下さいませ。

当たり前に仕事の僕は応援には行けないのですが
彼にパワーを与えるべく
イカのさしみ(タイムセール品、食いさし)と
なんやかんやを与えました。


当日、会場でヤツを応援する気が少しでもある
奇特な方がおられましたら
ヤツは「デスコ」や「ペプシ」などの
Perfumeに準じたかけ声で
テンションがあがる非常に簡素で単純な
システム構造をしております。

で、ど〜してもアングラでふざけ続けたい僕は


こんなものを作って勝手に発送したり



こ〜ゆ〜粘着性のあるものを作って
ふざけ続けます。

イッセイ...こんな僕を見捨てないで下さい。
また刺身(タイムセール品、食いさし)食わしてやっから。







| sunflowerblog | SUNFLOWER History | 00:12 | comments(4) | - |
6月のご挨拶

木々の緑もようやく深くなり若鮎の踊る
梅雨の候、皆々様は益々ご清栄のことと
お慶び申し上げます。


時候の言葉を3つもほりこんだ所で
ただ髪の毛がアドルモと張れる位伸びた
純粋にスケボー上手いマニュアル王子こと
神の固まり、改め森中一誠とで
一誠はがっつり、僕は救援物資みたいな
実にオマケな感じで
こちらでお世話になる事になりました。


e's SKATE GAME近畿地区で優勝し
今月号のトランスでもパックリ見開きで載って
勢いずく一誠を
アドルモ意識で髪の毛を伸ばしながら
メガランプで
ダニーウェイの前にテストライドでデスる
ジェイソンエリスの様な立場で行こうと
思っておりますので、何卒宜しくお願いします。

15年以上お付き合いのあるLRGのNさん。
こんな形でまたお付き合い出来る事を
嬉く思います。街角のサンドイッチマン以上に
サンドイッチなって販売促進します。

一誠を撮影してくれたSHAMA
京都に帰ってくるたんびに色んな子達の
撮影からダメな後輩の為に仕事まで
探してくれて有難う。

お礼に君が高校生の時にタバコで補導
された瞬間の映像は一生お蔵入りにします。
その上、1円玉貯金が溜まったら
背が低く見えるアンチシークレットブーツと
レンズのないメガネでも買ってあげます。
ちなみにまだ1円玉貯金箱は買ってません。

話がズレましたが
宣伝みたいで嫌ですが重ねて宜しくお願いします。

主役のヴォーカル(一誠)の後ろでドラム叩くこのオッサン
みたいな感じで頑張ります。
(1:00過ぎ位からジワジワと残念さが"キ"ます。)




敬具

LRG skate
| sunflowerblog | SUNFLOWER History | 02:43 | comments(6) | - |
Classic footage



紀元前の遺跡から
"最近の若いもんときたら..."みたいな事が
刻まれた石版が発掘されたって
半分エロ本みたいなタブロイド誌で読んだ様な
記憶がある。

僕もアラフォー秒読みになって正直
同じ思いになる。
アカンアカンと思ってもどうしても加齢臭に満ちた
昭和イズムな思想が頭に擡げる。



続きを読む >>
| sunflowerblog | SUNFLOWER History | 23:42 | comments(4) | - |
おヒゲのオヂサン
 

何度がこのブログで
"その場所"について書いた記憶が
あるけどもまた書く。
 
免許取得したてってやたら遠出したくなる。
 
僕らも20歳前後の頃やっぱりそうだった。

某プロスケーター"J"とは良く一緒に旅に出た。
僕らのマシンは
20万で買った中古のセダン車だったと思う。
車内はいっつも前オーナーが置いていった
であろうカセットに入ったUAの情熱が流れてた。
何故かそのテープは60分延々にその曲だけが
リピートで入ってた。
前オーナーは多分、相当情熱的
な人だったんだと思う。
 
とにかく、今33歳になってもコンビニとかラヂオから
情熱が流れて来ると、刷り込みなのか
あのセダン車の旅を思い出して
キモ目にニヤけてしまう....。
 
当時、先輩の言う事は絶対だった。
T先輩の「1号線まっすぐ走って"伊勢"来い」
たったそれだけのつたない情報で指令が出た。
断る理由なんてない。もちろん情熱を
ガンガンにかけて旅に出た。
続きを読む >>
| sunflowerblog | SUNFLOWER History | 23:59 | comments(6) | - |
更新致しました




「オラは死じまっただぁ〜」て言うてた人が
自らサディスティック行為して死んじまって
【悲しくて】がガンガン響いて
マジで泣きそうな今日この頃
皆様如何お過ごしでしょうか?
ちなみ松本伊代カヴァーではここまでむせべません。

続きを読む >>
| sunflowerblog | SUNFLOWER History | 23:15 | comments(10) | - |
バイオレンスMAKO
その日はメールが鳴りまくった。
先ずはうちのマッスルことアッ君から
「あのバイオレンスマンYOUTUBE出てますよ」と
メールが来た。
その後も色んな人から「あのYOUTUBEの人 homoroの家で寝てなかった?」とメールを貰った。
みんな連絡くれるのも嬉しかったけども
その映像の影響力の方が驚いた。
マッスルのバイオレンスマンの表現でどこのどいつか
すぐ分かった。
YOUTUBEだけ誰が作ったどの映像か大体分かった。
MAKO OZAKI そして
SOUNDBOARDING
の事だって。
続きを読む >>
| sunflowerblog | SUNFLOWER History | 00:51 | comments(2) | - |
番長
写真

真実を写す。
そう書く。

僕は生活の中心がスケートボードなので
写し出されてくる物が殆どスケートボードで
カメラマンもShamaOKAMOなど
スケートボードを主とした作品に触れる事が多い。

ビデオは前後の過程などを付け加える事に
よってある程度その場の状況や、悪い言い方だけども
"言い訳"を収録する事が可能。
でも写真はその類が一切ナシの一発勝負の世界
なので画面自体にチカラがないと
面白くもなんとも無い物しか上がってこない。

下の写真。
久々にスケートボード以外の写真に触れた。
撮ったのはOKAMO。
僕は非常に力がある写真と思う。
上半身裸で多少品格にかける所があるけども...
続きを読む >>
| sunflowerblog | SUNFLOWER History | 19:20 | comments(6) | - |
アイドル安藤健二


男性なら思春期に絶対に好きなアイドルが
いたと思う。

40代(このブログ読んでないか...)ならキャンディーズ
30代ならおにゃん子
20代ならモー娘。
10代は今思春期なのでここでは外す。

とにかく思春期の男子は絶対に自分のハートの中に
好きなアイドルを熱いハートの片隅に置いて
日々の暮らしを明るいものにしてたと思う。

自分しかいない夜の勉強部屋でろくすっぽ
勉強なんぞせず

「もしもキョンキョンが今ここに来たら...」
「もしも山本スーザン久美子と付き合ってたら...」

ドリフの"もしもシリーズ"コントみたいな下衆な妄想と
自分なりの、自分色のストロークでパンツ内の
金玉を転がす...マスターベーションの様な
大層なものではなくライトな感じでの高揚感で満たされる…
まるで葉巻を燻らせながらブランデーでも嗜む様な
思春期の男子の至福の時間..。
そしてそんなピンク妄想で勉強部屋が
ピンクカラーに充満しきった時に
オカンの「アンタ!!はよお風呂入り(怒)」の怒鳴り声で
真っ逆さまに現実の世界に突き戻される..。

間違いなく女子にはドン引きされるであろう
青い男子の夜の時間の描写だけども
100%男子には理解出来ると思う。

とにかく思春期男子にはそんなアイドルがいたのだけは
間違いない。

もちろん僕の思春期にも髪の毛の先から足の先まで
心を掴んで離さないナウでオキャンなアイドルがいた。

【安藤健二】

その人である。

続きを読む >>
| sunflowerblog | SUNFLOWER History | 20:04 | comments(4) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ